台風に備えてトウモロコシに支柱

天気予報では台風が気になる季節。転ばぬ先の杖でトウモロコシを支柱で囲った。支柱がなくても、トウモロコシを3本ひとくくりにして先端を結び、オベリスク風にすれば大丈夫と聞くが、用心に越したことはない。トウモロコシの隣に種まきした白菜は、双葉が出そろったので間引き。既に葉が誰かにかじられているので、ネットをもっと目の細かいものに交換してやる必要あり。やらねばと思いつつ、草取りをしたらもうくらくらで、早…

続きを読む

2代目がんばれ!

朝夕の空には秋の兆しが見え始めたが、日差しはまだまだ強烈な夏真っ盛り。お日さまが大好きなトウモロコシ、その名も「おひさまコーン88」は、日の光を受けてぐんぐん成長。今週は雄穂がほとんどの株で見え始めた。足元も太くなって、分枝が出てきている株も多い。まだ種まきから35日目、88日目が標準収穫時期なのに、折り返し点前でこんなに育っていいのか心配になるくらいだが、今後の成長が楽しみだ。 先月更新剪定…

続きを読む

ゆく夏にはひまわりがよく似合う

暑かった夏、永遠に終わらないかと思った夏の勢いにも陰りが見えてきたような今日この頃。夏を振り返るのはまだ早いですが、我が家の一番のヒットは、今年初めて栽培したミニひまわり。いつも育てる大きなひまわりは、この時期アリの大群に上られて大騒ぎなのですが、このミニちゃんは、花粉が出ないせいか虫も付かず、ベランダでも、切り花にして部屋の中でも、目を楽しませてくれました。 そんなひまわりに触発されてか、う…

続きを読む

夏はいつまで?秋はいつから??

昨晩の雷雨で今朝はぐっと過ごしやすくなった。ラジオによると久しぶりに熱帯夜でなかったとか。畑仕事も涼しいと楽。しかも昨晩の雨がほどよく染み渡っているので、作物はしっとり、草抜きもサクサク。この時期一番の悩みは、秋冬の準備をきっちり進めないといけないと思いつつ、ナスやキュウリなど夏野菜もまだまだがんばれそう、と切り替えに踏ん切れないこと。先月更新剪定したナスは、写真の通りかなり復活して花も咲き始め…

続きを読む

猛暑の中で畑は秋冬の準備

強烈な暑さを避けるため、朝5時頃から畑に。この時間なら朝露も残っていて、何もしなければ、まあ快適な環境だ。 まずは収穫。暑さでだいぶくたびれてきたキュウリから。最初の頃のように、まっすぐのキレイなものは少なくなったが、まだまだ獲れる。大きくしすぎると株に負担もかかるので、少々小さくても収穫する。それでも写真右端のようなオバQ(お化けキュウリ、我が家のネーミング)が時々出てしまう。すぐ食べれば、…

続きを読む

お盆と市民農園

世の中は盆休み。普段なら田舎に帰省して墓参り、自然に親しむところが、コロナのせいで帰省もままならず悶々としている方も多いはず。コロナ禍で消費が増えたものに、野菜の栽培セットや市民農園なんて話も聞くので、田舎で自然に触れる代わりに、身近なところで自然と触れ合おうということなのかもしれない。 それはそれでいいのだが、せっかく自然と触れ合っているのに、吸い殻や空き缶、秋ボトル、弁当ガラを自然の中に残…

続きを読む

秋作に向けた準備着々

連日猛暑が続いているので週末の活動時間が限られる。ウルトラマンのカラータイマーは2時間が限界だ。今日はまず、キュウリ、シソ、エゴマ、ミニトマト、シシトウの収穫。続いてグングン伸びて葉が5枚くらいまで成長したトウモロコシの間引きと追肥。ガイドブックによれば、5葉くらいの段階で雄穂が、7〜8葉の段階で雌穂が形成されるので、この時期の追肥が重要とのこと。根元に小さな穴を掘って、小さじ一杯ほどの化成肥料…

続きを読む

ミョウガを初収穫

やっと梅雨明け。雨が減るのは嬉しいけれど、強烈な日光下での畑仕事は大変。土曜も日曜も、日が傾いた夕方に出撃。キュウリは今が最盛期で連日数本ずつ収穫できる。2〜3日放置するとウリくらいのオバキュウになってしまう。ナスも3株あるので、コンスタントに収穫が可能。他にはシソやロメインレタスなどの葉モノ野菜。ひと通り収穫した後は草取り。ミョウガの周辺の草取りをしていて、根元に花を見つけた。ということは、こ…

続きを読む