ミニカボチャの空中栽培

好天に恵まれてミニカボチャの熟成が進み収穫の季節を迎えています。空中栽培と言っても支柱に這わせて持ち上げているだけ。借りてる畑のスペースを有効活用するための作戦です。普通カボチャは地面に這わせるのですが、蔓の伸びが早く、すぐ隣の区画に侵攻してしまううえ、たくさん収穫しようとすると這わせる地面も広くなり、場所を取ってしまうのです。それで丈夫な支柱を組んで、空中にとぐろを巻いてもらっています。これで…

続きを読む

割れたトマト何とかしたい❗️

今週末は連休だったが、戻り梅雨末期のような大雨が直撃。色付いていたミニトマトの大半が割れてしまった。我が家の菜園分は量が知れているので、煮込んでトマトソースを作り冷凍保存。しかし今月から収穫や直売所のお手伝いを始めた近隣農家さんの方は、量が半端ない。大きな箱にどっさりの割れトマトをどうするか?関係者へのLINEで「ご自由にお持ち下さい」と連絡が回ったが、それでさばける量ではない。結局大半が廃棄に…

続きを読む

今期の初挑戦 3野菜がスクスク成長

畑は夏野菜の収穫が真っ盛り。週末だけでは取り切れないので、週半ばにも早起きして出勤前に出動!次なる課題はたくさん取れた野菜をどうするか?今年は乾燥用の吊りネットを購入し、まずは乾燥野菜つくり。次に職場に持参。あれやこれやで野菜消費拡大中! 畑では20種類程度の野菜を育てているが、今期初挑戦した作物が3つ。オクラとズッキーニ、サトイモ。オクラは畑に直接種まき。5月中旬の種まきから2ヶ月かかってや…

続きを読む

畑の初モノ収穫

週末の畑は暑いな、乾くなと思っていたら、やはり梅雨明け、しかも6月の気温は百何十年来の最高という。この先夏野菜がうまく育ってくれるかどうか心配になってきた。それはさておき、先週末の収穫の話題。最初の写真はなんだか分かりますか? 正解はミョウガの芽。ミョウガの足元の草取りをしていて偶然発見。ミョウガは20本くらいあるけれど、芽が出たのはまだこの一本だけ。昨年は7月中旬だったから随分早い。さっそく…

続きを読む

野菜の栽培記録アプリ

市民農園を借りて野菜の栽培をしているが、困るのは同じように育てているつもりでも、結果が同じにならないこと。初めて育てた野菜が予想外にうまくできることもあるが、二匹目のドジョウをねらったら大外れということも日常茶飯。ということで、しっかり記録を付けながら、何が良かったのか、悪かったのかを見直そうと、色んなアプリを使ってみた。 結構あるのはSNSのような交流型だが、失敗は出しにくいし、出てこない。…

続きを読む

今日は夏至 夏野菜最盛期はこれから

6月21日は夏至。一年で一番日照時間が長くなる。太陽の照らし方も一番真上から。夏はこれからという実感とのずれはあるけれど、聞いた話では、地温はここから1ヶ月後に最高になり、海水温はさらに1ヶ月先にピークになるそう。畑では夏野菜の生育、収穫が最盛期を迎える。 我が家の家庭菜園の週末の収穫はこんな感じ。種まきして、有機肥料だけで育てるのを基本にしているので、春先の低温が生育に響き遅れ気味。でもこの…

続きを読む

家庭菜園 艶々の葉っぱたちとの対話

関東地方が梅雨入りし、畑も湿気が多くなってきた。サトイモやしょうが、みょうがなど、水分が大好きな野菜たちは「俺の季節がやってきた」とばかりに躍動し始めるが、病気や虫害も増えるので注意が必要だ。とはいえ、水は生命の源。水を得て植物たちは、キラキラ、ツヤツヤと輝く。朝露に濡れた葉や実は、この世のものとは思えないほどきれいだ。それらを朝採りして食する贅沢は、家庭菜園の醍醐味。 このところコンスタント…

続きを読む

一週間で大変化する畑 速い!

このところ在宅勤務が減って、平日早朝に畑に行けなくなった。そうなると天気が良くても畑の世話は土日だけ。この時期は作物も雑草も生長が早いので、一週間で全く様子が変わっていることが多い。だから土曜の朝、畑に到着する時は何が起きているかドキドキ。 まず目に入ってきたのは、今が伸び盛りのミニカボチャ。葉が大きく、大人の顔くらいになり、ツルもどんどん伸びる。スペースを有効活用するため、支柱とネットで立体…

続きを読む

夏野菜がんばれ!

今年は5月前半の気温が低く、4月以降の多雨も重なって、夏野菜は出鼻をくじかれた。苗もなかなか大きく育たなかったし、畑への植え付けも遅れ、成長もゆっくりで心配した。このところの好天と気温上昇でやっとキャッチアップ。 ミニトマトは第一花房の実が膨らんできた。初期生長優先で、半分くらい実を早めに落とすかどうか、悩ましいところ。次はミニカボチャ。下に見える小さな株が種から育てたもの。当初ウリハムシの集…

続きを読む

今年もやります 野菜栽培!

このところ仕事と週末にオンラインで始めた農業研修で忙しく、更新をサボってました。しかし、畑はしっかりやってます。 昨秋から今春にかけては天候が不純で、タマネギやニンニクがうまく出来なかったという仲間が多かった気がします。私もタマネギは昨年に比べて半分くらい。しかしリスク分散で早生と晩生の2種類を作付けしたので、早生の方がまあまあがんばってくれました。ニンニクは初めてのトライ。昨年10月にひと玉…

続きを読む

春の息吹を美味しく頂く とう立ち菜4連発

この週末は寒の戻りのような気候だったが菜園の春は止められない。続々ととう立ちする冬野菜たちを、切っては茹で、切っては茹でと美味しく頂きました。春の息吹を目と鼻と舌で感じながら、今しか味わえない贅沢な味を満喫。 最初の写真はミニ白菜の菜花。主枝はすっかり花が咲いてしまったので、タネ取り用に温存し、周囲からニョキニョキ伸びてくる側枝を収穫。まだモンシロチョウも見かけないので、青虫の心配も無し。二番…

続きを読む

春一番の嵐も過ぎて春本番

今朝の土砂降りはすごかった。6時過ぎに上を出たら、まさに滝のような雨。週明けの通勤がこんなだと凹むところだが、昨日ちょうど畑の畝間の通路をシャベルで起こして、てまいらず(大麦)の種をばら撒いたところだったので、これこそ恵みの雨と感謝しながらピチピチチャプチャプと足取りも軽く駅に向かった。春一番の強風は先日吹いたが、湿り気が足りずに困っていたところだから、これで本当に春を迎えた気になれる。 春に…

続きを読む

白菜のとう立ち菜はサイコーの春の味

このところ平日が忙しくて畑通いは週末だけ。しかも春本番のように暖かい日があったりして、1週間の野菜の変化にびっくりということもしばしば。今日は白菜のご紹介。昨年11月3日に、本葉数枚の状態の苗を畑仲間から頂いて定植したのが始まり。しっかり結球させるには少し遅すぎたよう。周囲の畑のフロントランナーが次々と結球していく中で、マイペースで葉を伸ばしていた。正月すぎて毎朝霜柱が立つようになってからは、薄…

続きを読む

春はもうそこまで 家の中でもできる準備

立春を過ぎるとどんどん日が長くなり、高くなる。気温はまだまだ低いが、河原の土手に咲いたスイセンの花のように、畑でも春の準備をしっかりとしていきたい。 とはいえ、霜柱が立つ畑でできることは限られている。ということで、まずはお部屋の中で育苗中。先週ご紹介したセルトレイの種まきは、お風呂の残り湯で温めたらわずか1日で続々発芽。一番手のチンゲンサイはこんなに双葉がそろったので、一部屋お二人様に間引き。…

続きを読む

風呂の残り湯で温床育苗 〜 いい湯だな♫

空気と土はガチガチ凍っているけれど、立春を迎えて、日差しは角度が高くなり、だんだんと強くなってきた。となれば、畑では春の準備。 ということで、我が家では春の準備第一弾で、葉物野菜の育苗を開始。セルトレイに土を入れてタネを撒くところまでは普通通り。そのセルトレイを100均で買った蓋つきプラスチックケース(500円也)に入れて、お風呂の残り湯にぷかぷか。これで夜のうちに発芽必要温度の20〜25度を…

続きを読む

横浜育ちの桜島大根 ついに収穫

今週末は寒かったので、畑の世話は最低限に、と思っていたのだが、一月中にはやっておきたかったことがひとつだけ。それが桜島大根の収穫だ。 時々このブログでも紹介してきたが、始まりは2020年12月に鹿児島の知人から頂いたタネ。その時にはもう種まき適期は過ぎていたが、ものは試しとトンネルの中で育ててみたら、他の大根よりはずっと大きく育った。春になって花が咲き、2021年4月に掘ってみたところ、根は太…

続きを読む

寒い寒い畑でも野菜は元気

今年の冬は寒い。借りている畑は川沿いにあるので、午後日陰になる部分は終日凍っている日もあるくらい。これはまずいと、ビニールでトンネルをかけてあげたので、昼間は日差しがあるとぬくぬく。葉先が茶色くなりかけた野菜たちも生気を取り戻しつつある。 最初の写真は、桜島大根。ミニサイズだが、根元が盛り上がり、大根らしくなってきた。収穫が楽しみだ。次はチンゲンサイ。10月11日に種まきしてほぼ100日目。ゆ…

続きを読む

雪の畑に寒締め野菜

横浜では珍しい一月初旬の積雪。大慌てで何も被せていなかったタマネギにも不織布でカバー。それを取り除くついでに寒締め野菜の収穫。道路沿いの植え込み際はまだ積雪が残っていたので、その上に順に並べていく。左から、茎ブロッコリー、菜花、ミニ大根、チンゲンサイ、ネギ。どれもこれも寒さに耐えて、自然の恵みをギューッと溜め込んだ良いお味。 家の中では、11月13日に種まきした植物工場のわさび菜が食べ頃に。冬…

続きを読む

凍てる畑 でもがんばる野菜たち

新年あけましておめでとうございます。今年も、野菜作り、ブログともがんばります。 年末からの大寒波で川沿いにあるマイファームも、朝はガチガチに凍る毎日。こんな立派な霜柱、何十年ぶりに見かけました。ということで、さすがに冬用野菜たちも守ってやらねばと、トンネル掛け。比較的寒さに強いと思われる野菜たちは不織布をかけて風と霜除け。薄い葉物は凍ると一発でフニャフニャになってしまうので、より強力に保温でき…

続きを読む

ポカポカ陽気の畑でソラマメの植付け

昨日の関東はこの時期には珍しい穏やかな陽気。今しかないと、ベランダで育ててきたソラマメの苗の定植に向かう。DAISOで購入した百円ソラマメ「お多福そら豆天空」。5粒の種を蒔いたのが11月7日。やや遅めの種まきだったので心配したが、無事に5つとも芽を出してくれた。でも成長度合いはこんなに違い、個性満開のソラマメたち。畑に直播きも考えたが、最近よくやってくるカラスに食べられるのではないかと思って、ベ…

続きを読む