ユーモラスなミニ大根5兄弟

畑の季節真っ最中で、出入りが忙しい。まず出の方は、4月に植え付けた小カブとミニ大根を収穫。根菜類は移植が難しいというから心配していたが、案の定変形だらけ。写真はミニ大根の5兄弟。何ともユーモラスな形ばかり。その上は、毎週グングン伸びるシュンギクの先端をカットしたもの。生食したらクセのない味で美味しかった。続いて入りの方は、自宅で育苗したチンゲンサイとマリーゴールドを植え付け。マリーゴールドはセンチュウを駆除する役割を期待して、キュウリの隣や畝の周囲に配備。同じ目的で先週種まきした二十日大根は、もう双葉が出そろった。カボチャのツルはどんどん領域侵犯してくるし、何とも目まぐるしい展開である。

E90C7371-163A-4F88-8F9B-954FE5D5D465.jpeg
二十日大根の双葉
カボチャの侵入

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い
ナイス

この記事へのコメント