双葉マークの春

今日から3月。あと一か月もすると社会には若葉マークの新入生や新入社員がやってくる。畑では春を先取りして、双葉マークの真っ盛り。二週間ほど前にビニールトンネル内に種まきしたカリフラワーは、双葉が押し合いへし合いでそろそろ間引きが必要。昨年11月に種まきした葉ネギは、寒い冬に耐えて、ゆっくりゆっくり成長して串カツの串ほどのサイズになった。最後は部屋の窓辺で育苗中のミニトマト。ちょうど2週間が経過し、…

続きを読む

春夏野菜の準備とつなぎ役へのバトンタッチ

春のような陽気が何日か続いたら、今日からは真冬に逆戻りというから、油断大敵。目前の気候には対応しつつ、季節相応の備えが肝要だ。それでも今年は全般的に暖かい春だというし、熱帯化する日本の夏を避けるため、春夏野菜を早めに準備することにした。それにはまず、畑に残っている昨秋からの野菜を収穫。写真はブロッコリーの側花蕾。左に少し見えているのはシュンギク。これらの後に、4月早々から春夏野菜のを始められるよ…

続きを読む

秋深し畑で何をするものぞ

土曜日は終日雨。昨日はようやく晴れ間が見えたので畑へ。このところ冷え込みが加速して夏野菜に明暗。青い実が色付くのを待っていたミニトマトは、葉が枯れてしまい、残念ながら手仕舞い。ナスとインゲンも恐らくこれが最後の収穫。一方でピーマンはまだまだ元気。10個ほど収穫したが、まだ小さな実も花も付いていたので、追肥して剪定。先週種まきした、ナバナと小松菜、小カブは順調に発芽して双葉がきれいに並ぶ。同時にま…

続きを読む

雨の切れ間に野菜と果物の収穫へ

長雨の切れ間を見計らって畑に出勤。この季節はとにかく収穫と草抜き。どちらもタイミングを逃すと大変なことになってしまう。写真は本日の収穫一覧。真ん中のミニカボチャはヘタが大分茶色になってきたので試し採りの初収穫。1ヶ月くらい熟成させて食べるのが楽しみ。時計回りに、ミニニンジン、ナス、ミニトマト、キュウリ、チンゲンサイ、イチゴとたくさん採れた。キュウリは長く収穫ができるように、家のベランダで育てた苗…

続きを読む

未知との遭遇か?

今日も強風に負けず畑へ。ふと空を見上げると、大きな丸い雲が、尻尾を引いて西へ向かっていく。映画インディペンデンス・デイの宇宙船のよう。目線を地面に転じると、うちの畑も随分畑らしくなってきた。栽培中の作物の名前を指折り数えたら20を超えている。どれもまだ収穫には至っていないが、どっと出来始めたら自給自足が可能か?と楽しくなる。本日の作業は、JA横浜のハマっこ直売所で購入した、ミニトマト3本とシシト…

続きを読む