梅雨の合間に野菜と果物の収穫

 週末に雨が降らないか心配だったが、今日は作業にはちょうどいい感じの曇天。朝食を済ませた後に、いざ畑へ。先週草取りをしたばかりなのに、もう相当草が復活していた。驚きの生命力だ。
 草だけでなく作物も1週間でしっかり成長しているので、いざ収穫。まずは出来始めたばかりのキュウリ。株に負担をかけないよう早めの収穫。キュウリに巻き付いたインゲン豆も、10cmくらいに伸びたさやをチョッキン。ナスも株がまだ若いので、実が小さめのうちにパッチン。その隣を見ると真っ赤なイチゴの実が見えていたのでプッチン。春一番の収穫が終わったのが一月ちょっと前。その後に咲き始めた花に付いた実の収穫がしばらく楽しめる。売っているものほど甘くはないが、朝食のフルーツジュースには十分。四季なりの威力だ。葉物の畝では、チンゲンサイ、ロメインレタス、ニンジンが育っているが、こちらは追肥して、収穫はもうしばらく先。今日はシュンギク、シソ、エゴマを収穫。ついでに、きれいに芽が出そろった空芯菜の間引き。
 最後に隣の畝で伸び放題のカボチャのツルの整理。カボチャの葉にうどんこ病が出始めたので、ひどい葉や茎は切り取り、風通しを確保。地面に転がって成長中のカボチャの実には、モノタロウで調達したプラスチック製座布団を敷いた。その合間にカボチャのツルに絡まれたミニトマトの芽かきと収穫。トウモロコシは雄穂が伸びているが雌穂はまだなので、いったん雄穂は切り取り雌穂の成長を待つ。雌穂のヒゲが伸びてきたら、遅れて植えた別の株の雄穂から受粉させる作戦。うまくタイミングが合うだろうか。
 以上で約2時間の農作業終了。汗だらけになったが、酷暑ではないので助かった。持参したポカリが美味い。さあ帰って、収穫したものを頂こう。


トウモロコシ雄穂とひまわり
四季なりイチゴ

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 5

ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント